読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆Kusatsu iPadを楽しむ会☆

☆Kusatsu iPadを楽しむ会☆のブログです。楽しむ会の様子やiPad活用の情報を発信していきたいと思います。

第5回☆Kusatsu iPadを楽しむ会☆を開催しました♫〜電子絵本制作編〜

楽しむ会

いよいよ、織田先生による

電子絵本制作のワークショップ♫

 

今回は、既存の絵本などをスキャナアプリを使って

電子絵本にすることを中心に教えてくださいました(^^)

利用するアプリはこちら⬇️

 

f:id:megu02210719:20161008130057p:image

『CamScanner』(無料)
https://itunes.apple.com/jp/app/camscanner-hd/id569846869?mt=8

 

f:id:megu02210719:20161008130253p:image

『BookCreator』(無料版)
https://itunes.apple.com/jp/app/book-creator-wu-liao-ban/id661166101?mt=8

※無料版は本を複数作ることが出来ませんので、複数冊作成したい場合は有料版をオススメします♡有料版は600円です。

 

ここで注意点!

すでに出版されている絵本などを電子化する場合は、著作権に留意してくださいね(^^)

 

【手順】

❶ 撮影する

❷ 画像処理する

❸ 電子絵本にする

 

いくつかのコツや注意点はありますが、

やり方はいたってシンプル。

「これなら出来そう(^^)v」

みなさん、電子絵本にしたい本を選んで、

【CamScanner】で撮影開始📷

f:id:megu02210719:20161008144159j:image

 

❶ 撮影する

📷マークを押して撮影。
光が写り込まないように自然光で撮影することがポイント☆
また、ページを開いた時の境目(「のど」と言うそうです)の影が写らないよう 、
割れない程度にページをしっかり開いて撮影しましょう!

f:id:megu02210719:20161008143331j:image

f:id:megu02210719:20161008144229j:image

 

❷ 画像処理する

全てのページの撮影が終わったら、

画像処理を行います。

 

切り取りたい部分を範囲指定して『次へ』をタップ。

f:id:megu02210719:20161008143914j:image

色味や鮮明度なども次のページで調整できます。


これも出来れば『次へ』をタップ。

 

全ての写真が画像処理が出来れば、

『マイドキュメント』のページの右下で『・・・』をタップ。

『アルバムへ』画像を送ります。

f:id:megu02210719:20161008145714j:image

 

❸ 電子絵本にする

 ここからは【BookCreator】を使います。

アプリを開くと、まずはこんな画面。

f:id:megu02210719:20161008150430j:image

左上の『新規の本』をタップすると、

次のような画面。

f:id:megu02210719:20161008150532j:image

本の形状は、

それぞれの絵本に合った形状を選びましょう。

f:id:megu02210719:20161009225154j:image

上部にある➕マークをタップして、

『写真』からスキャナした画像を貼り付けて行きます。

大きさや位置を調整したり、

『🖋ペン』を使って汚れや影を修正したりできます。

※その他

『Tテキストを追加する』…文字の入力

『♫サウンドを追加する』…音声の録音

 

f:id:megu02210719:20161009230452j:image

全ての画像の加工が終了したら、

上部にある『マイブック』をタップ。

作成した本の下にある

『エクスポート』(□から↑マーク)をタップし、『PDFとしてエクスポートする』を選択。

 

f:id:megu02210719:20161009230509j:image

作成した絵本にふさわしいページの形式を選択してください。

 

f:id:megu02210719:20161009231650j:image

iBooksで読み込む』をタップすると、

作成した電子絵本を【iBooks】で開くことが出来るようになります♫

 

f:id:megu02210719:20161009233155j:image

f:id:megu02210719:20161009233249j:image

 

有料アプリになりますが、

f:id:megu02210719:20161009232339p:image

DWANGO Co., Ltd.「i文庫HD」(840円)
https://appsto.re/jp/4idaw.i

【i文庫HD】では、

ページをめくる感じが再現されたり、

右開き、左開きを選択出来たりするなど、

iBooks】では難しい部分がクリアできます。

 

f:id:megu02210719:20161009233306j:image

ATDSの高松さんからは、

たくさんの自作電子絵本を見せて頂きました。

特に肢体不自由などの障害のある子どもたちに、

「読書する楽しみを感じてほしい」と

お話しされる姿に、刺激を頂きました(^^)

 

電子絵本・電子書籍の世界は、

工夫次第でいろんな可能性が広がるし、

まだまだ奥が深いことを感じました。

 

その第一歩を、織田先生のおかげで踏み出せたような気がします☆

ありがとうございましたm(._.)m